事業内容
ホームページ / 事業内容

鉄骨図面作製

建築鉄骨部分に必要な鉄骨部材に対して詳細情報を書き込んだ図面を鉄骨製作図(鉄骨工作図)と呼びます。
設計図書の主に構造図をもとに建物の骨となる鉄骨を製作する為の施工図を打ち合わせ段階設計まで一括して行います。

1. 打ち合わせ

作図着手前に重要な情報を交換するための会談です。具体は仕事範囲分け、(図面受領時、チェクバック、工場での加工時、建用時などの情報の相互確認、技術的な条件などであります。

2. 一般図製作

設計図(意匠図・構造図)をもとに建物の鉄骨に関する基本的な情報をまとめた図面で、伏図・軸組図・継手基準図などがあります。
お客様から貰う設計図には:
意匠図:建物全体の形態や間取りなど、デザイン面を示す図面です。
構造図:柱や梁などの部材や接合部の形式など、実際に建物を建てるために必要な情報が書かれている図面です。
鉄骨管理専用3Dソフトを通して、3D模型を築き、工事情報を管理します。

(一般図)

3. 基準図
基準図とは詳細図と原寸を滑らかに展開するために詳しく基準などを示す図面です。
基準図の中には下記のような図面があります。
継手基準図
溶接基準図
仮設基準図(吊りピース、タラップ、ネットファックなど)

(基準図)

4. 詳細図
鉄骨詳細図は建物の柱や大梁、小梁など重要な部分や理解されにくい点を詳細に書き表した図面です。詳細図によって、的確に加工と建用するために鉄骨工事での納まり寸法や仕上げ方法、材料などが書かれています。

(詳細図)

5. 原寸図
原寸図とは、縮尺一分の一になり、実物大の寸法で描かれた図面です。加工するために「鉄骨造の建築では必ず原寸図を描くための鉄骨の寸法」があっているかを確認する原寸検査を行います。

(原寸図)
Zalo
+84-28-6271-3162 お問い合わせ